どんなお庭に住む?

家とお庭を合わせて計画される方へ

これから「住まい」をつくる上で、"お家の計画"と"お庭の計画"というものが必要になってきます。その二つを考える上で大事なのは、
双方の"つながり"です。お家の中から、お庭の景色を楽しむ。お庭の景色があるおかげで、
お家を開放的にしてもプライベートが保たれる。など、"つながり"がもたらす効果は、計り知れません。
ぜひ、一緒にご計画されることをおすすめします。

お庭だけの方はこちら

家とお庭、同時設計がベスト

家と庭を考えるタイミングとして一番いいのは、"同時"に設計すること。
家を考える中で出てくる問題と、庭を考える上で出てくる問題が、一緒に解決できます。
また、両方同時に考えることで、思いもよらない関係性が作れることもあります。
可能性は何倍にも!より双方を活かせる、無駄のない空間を作ることが可能です。

こんな暮らしがしたい!というイメージが大事

家も庭も、その人の"暮らしぶり”にが形になったもの。
まずは自分の生活スタイル、そしてこの先こんな暮らしがしたいな、
というイメージを膨らませることが大切です。それはとってもワクワクする作業。
ここでみんなとワイワイやりたいな。ここでは一人ゆっくり時間を過ごしたいな。
それを実現させる形を、一緒に考えていきましょう。

出会いは早ければ早い方がいいです

目指すイメージを膨らませることも、ほんとに欲しかったものに気付くのも、時間がかかるものです。
これからの暮らしを豊かにする大事な大事なデザインなので、お話を重ねながら、
ゆっくりと見つめていきましょう。"自分が本当に欲しかったもの"に気付くお手伝いをさせて頂きます。